【悲報】鈴木福くん、あちら側の世界の扉を開いていた・・・。